« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月28日 (火)

黒板塗料な建具とブランコ

■當麻の家■
 長らくお待たせした 階段下の マグネット塗料+黒板塗料な建具の塗装もでき 取り付け、「チョークどうぞ♪」で さっそく 。

160628_001  160628_002
 室内の化粧梁からつるされた「ブランコ」こちらもさっそく。
160628_003  160628_004

   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

手直し・残工事も完了

■高畑の家■
   アプローチの石敷きも終わったので 最終の整地。

お庭の半分は畑になるので 「うね」に。
160622_001
 内部の手直し・残工事も完了です。
160622_002

160622_003  160622_004

   設計・監理 ドイデッサン分室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

踏み台兼子ども用椅子

■當麻の家■
 住まい手さんから 「踏み台ほしい。」とのことで
踏み台兼子ども用椅子、えぇかんじな気が。

160617_001  160617_002
 気に入ってもらえるかな?
160617_003
気になっていた ロフトタラップの踏み板を桧に変えてみた。
160617_004
 気づいてもらえるかな?

   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

子ども部屋の間仕切り完成

■おうちのことなら■
 収納兼間仕切り出来上がりました。

160615_004 160615_002
勉強机もすっきり納まり 家事も少し楽ちんになる収納スペース付き。
160615_003_2 160615_001
 よく考えられてます。

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

アプローチ石据え付け

■高畑の家■
   住まい手さん DIY アプローチ石据え付け。

160611_001 160611_002
先日までの下地の上に 小気味よく歩けるように。
160611_003 160611_004

   設計・監理 ドイデッサン分室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

お引渡し

■當麻の家■
 建物お引渡しの日 みんなでつけた手形のそばに 日付書き込み。

160609_001  160609_002
 外部まわりの工事も 一息ついて 始まる予定です。
160609_003  160609_004

   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

子ども部屋の間仕切り

■おうちのことなら■
 竣工して 7年、地鎮祭の時 だっこしてもらってた子も小学生。
そろそろ ワンルームな子ども部屋の間仕切りを とのことで。

160607_001  160607_002
まずは 養生。
160607_003  160607_004


寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

葡萄

■高畑の家■
   住まい手さん DIYの アプローチ下地こしらえ中。

160606_001  160606_002
お庭に最初に植えられたには 「葡萄」
160606_003
 「むむむっ。」両方残すべきか・・・、片方間引くべきか・・・。
160606_004


   設計・監理 ドイデッサン分室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

完成見学会 終了

■當麻の家■
 完成見学会 終了いたしました。
みなさま ありがとうございます。

 リビングからダイニングをのぞむ。リビングの座卓とダイニングのテーブルはロフトの床で使った杉3層クロスパネルのJパネルを天板にした仮設です。

160605_0001
ダイニングから洗面脱衣室をのぞむ。
160605_0002
キッチンからダイニングと洗面脱衣室をのぞむ。
160605_0003
2階子ども室からロフトにあがる。
160605_0004


   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝室

■當麻の家■
 2階の寝室は、天井高が少し低めで古民家の小屋裏風。隠れ家みたいで楽しい空間になりました。

寝室の障子を開けると吹抜けに面しています。

160605_020
丸太の梁が古民家の小屋裏風。
160605_021
白い戸襖を開けると布団の入る押入れになっています。
160605_022
家族の手形。思いでに。
160605_023


   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子ども室

■當麻の家■
 2階の子ども室はお子さんがまだ小さいので大きな空間のままで。将来、間仕切ることもできるようにしています。
 家のどこにいてもほかの家族の気配を感じることができる家になりました。

 2階の床は吉野杉です。杉はやわらかくて足触りがよく、温かく感じます。でも、傷つきやすいので家族だけのプライベートな空間におすすめ。

160605_016

 子ども室の壁はシナ合板がおすすめ。大きくなって飽きたら、クロス貼りにすることもできます。
160605_017
 子ども室の大黒柱。家を支えてくれています。吹き抜けに面する部分は将来、建具を入れることができます。

160605_018

 子ども室から見た吹抜け。どこにいても家族の気配を感じることができる家です。
160605_019
   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居間

■當麻の家■
 居間に面する階段下の引違い建具は黒板になる予定。住まい手さんのご要望で、実は中にはテレビが隠されています。

 玄関と客間、居間。居間に面する階段の下半分には建具が入っています。ここが黒板になります。
160605_011

 階段に向かって左側がトイレ、右側は家族全員のクローゼットである着替え室です。衣類は2階の個室には置きません。
160605_012
 お客さまは玄関から入って直接客間にお招きすることもできます。
160605_013
 床下エアコンの暖かい空気を2階にも伝えるために居間は大きな吹き抜けとなっています。
160605_014


   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居間のフルオープンサッシの内障子

■當麻の家■
 完成見学会の直前に取り付けられたのでご紹介できなかった、リビングのフルオープンサッシの内障子です。大きな開口なので、断熱にも工夫しています。

フルオープン。デッキができる予定です。

160605_006_
サッシを閉めたところ。
160605_007
 ワーロンシート両面貼りの内障子を閉めたところ。2枚ずつ左右に引き分けになっているのですが、わかりますか?  両面貼りだとまんなかに空気層ができるので断熱性能があがるのと、埃がたまらないという利点があります。さらに、明るいほうに向かうと、「ぼんぼり」のようにふわっとした光になります。
160605_008
内障子があるとお部屋が柔らかい感じになりますね。
160605_009


   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

客間

■當麻の家■
 襖や障子や板戸といった木製建具はすべてこの家にあわせて建具の職人さんが作ったものです。障子のデザインや襖の色などは住まい手さんと相談しながら決めていきます。

 建具を開けてワンルーム。

160605_001

 2枚引き込みの戸襖を引き出すと客間は別の部屋に。
160605_002
 玄関の戸襖も閉める。
160605_003_3
 目線を遮りながら、光と風を採りいれることができる上げ下げ障子。
160605_004
 押入れの下には北側からの通風のために窓を採りました。
160605_005
   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

木製建具取り付け完了

■當麻の家■
 紙貼りを終えて帰ってきた建具も納まり工事完了。
照明器具もすべて取り付けました、住まい手さんご家族の手形。

 リビングからデッキへのフルオープンのサッシの内側は断熱性を考慮して太鼓貼りの障子です。

160603_01
 住まい手自らお選びになったモザイクタイル。
160603_02
 子ども室から見た吹抜。家のどこにいても家族の気配を感じることができます。
160603_03
 住まい手さん自ら塗った壁にはご家族4人の手形。
160603_04


   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収納もすっきり

■當麻の家■
 収納もすっきり納まるようこだわってます。

 杉の杢パネルを使った大工さんによるつくりつけ家具。無印良品の「スタッキングシェルフ 幅42cm ぴったり収まる収納用品」のサイズにあわせているので、ラタンやブリ材、ポリエステル綿麻混・ソフトボックスなどの収納がぴったり納まります。
160603_001
 トイレットペーパーなどの収納は無印良品の取手付のラタンボックスを3つ並べて引き出せるようにしました。
160603_002
 トイレのカウンターの板はチーク。水に強い材です。左の壁の凹みには水槽が納まります。
160603_003
 こちらも杉の杢パネルで作った大工さんのつくりつけ家具。あえて、オープンの棚にして、その中に無印良品のラタンボックスなどを引出し代わりに納めます。
160603_004


   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

ダイニングとキッチン

■當麻の家■
 ダイニングとキッチンはお日さまの光いっぱいです♪

 ダイニングのカウンターはタモ、キッチンの正面のカウンターは水に強いクリです。いずれも、住まい手さん自らお選びになりました。

160602_001
 東側の食品庫からも南側の窓からも、西側のデッキからも光の入る明るいキッチン。
160602_002
 キッチン背面は桧のはぎ板のカウンター。キッチンは食品庫兼勝手口につながっています。
160602_003
食品庫兼勝手口との間には引き戸が入っていて、食品庫は冬には風よけ室にもなっています。
160602_004
 ダイニングの北側は洗面脱衣室。横はパソコンコーナー。
160602_005
キッチンに立ちながら、ダイニングテーブルで勉強している子どもたちとお話ができます。
160602_006
ダイニングもキッチンも明るくしたい、という住まい手の思いが実現しました。
160602_007


   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIYの床塗装

■當麻の家■
 DIYの床塗装、住まい手さんと一緒に♪

160602_12  160602_13
ちょっぴり ぬれ色になって いい感じ。
160602_14  160602_15
   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

照明器具点灯

■當麻の家■
照明器具を点灯しました。昼は昼で、夜は夜で、素敵です。

階段下収納の建具は落書きが出来る黒板になる予定♪

1階床の信州赤松、きれいです。
160601_005
リビングからダイニングとキッチンをのぞむ。ダイニングは吉野杉の梁下を見せています。
160601_006
リビングの大きな吹き抜けは間接照明で。
160601_007
 1階のトイレは住まい手自ら選んだモザイクタイル張り。

壁の凹みにはお手持ちの水槽が納まります。

160601_008
 玄関引戸がつきました。引き込みの網戸もつけられるようにしてあります。土間のタイルは外構工事で張ります。
160601_009_2


   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完成まじか

■當麻の家■
 リビングからダイニングをのぞむ。ダイニングのカウンターの下には、左端にはガスのFF暖房機が、右端は床下にエアコンが納まります。ダイニングの右手がキッチン。

160601_001
 玄関から入ると正面は客間、右手がリビングです。
160601_002
 床下エアコンの暖かい空気で全館暖房をするためにリビングには吹抜けを設けました。
160601_003
 キッチンからカウンター越しにダイニング。その向こう側が洗面脱衣室です。
160601_004

   設計・監理:寧楽工舎設計室

寧楽工舎-ならこうしゃ- ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »